オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

2月3日春を感じる

2月に入りました!
今日は2月3日節分の日。
今朝は久しぶりに太陽を感じて目覚めました☀️
冬は6時起きの私には、外は真っ暗で、
いつも寒さと暗さで気が滅入りますが、
今日は明るい日差しを感じて、目覚めが爽やかでした。
案の定、わんちゃんの散歩に出かけてた時も、なんか春を感じて、とっても気持ちが良かったです!
私は冬嫌いで、この1月2月は最も嫌いな季節です。
首が痛くなるとか、体調も悪くなるし、寒いせいで活動的にもなれず、
本当にモチベーションが下がる季節です。
そこに春を感じたということは、なんか希望を感じると同じで、
また頑張ろうってなります!
早く春が来てほしいです!
鬼はー👹外!
福は内!
もうすぐ春ですよ🌸

Category : 未分類
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

多治見初雪

今日は昼間晴れていたのに、天気予報通り、本当に3時ごろから雪が降り始めました!

あっという間に積もりました!
多治見初雪です。
私も雪が降るとテンションが上がった!
困ると知りながら、ヤバイヤバイと言いつつ、なぜか嬉しい気持ちにもなる。ははっ(^.^)
平安時代とか、大昔から雪が降り積もると、テンションが上がり、鑑賞するものです!
白居易の詩にもあります!
「香炉峰の雪は、簾をかかげてみる。」
つまり、雪が降れば、
家でカーテンでもあけて眺めるものである。
また、「住みよい場所は何も長安だけではない。」
と言っており、
高望みばかりするのではなく、落ち着く地は、何も都会じゃなくても、多治見で十分である。
どこに住もうが、本当に心次第ということですね。
それにしても、雪景色は美しい☆
雪は、家で落ち着いて眺めるものである・・
けれどやはり明日の朝心配だ😓

Category : 未分類
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

変化

気がつけばもう一月半ば、
実はお正月明けに、人生初めて⁈のインフルエンザB型になって、実に4日間も熱が下がらず、苦しんでおりました。
何が苦しいのかというと、
体が起き上がれない、
頭痛、吐き気が伴って、とにかく気分がすぐれないということ。
熱はそんなに高くないのに、なぜか苦しいということ。
そのまま熱が下がらなければ、おそらく死んで行くのではないかと思う程になった。
人間は菌に対する抵抗力が必要だと、つくづく思いました。抵抗力が弱くなると、間違いなく合併症状がおこり、今度は新たな病気になってしまうこということを実感した。
健康がいかにありがたいか、当たり前なんですが、この当たり前が奇跡であるということ、身体の組織がうまく動くということ、それがいかに奇跡の連続だということ、
改めて毎日の健康を噛み締めています!
今日のテーマは変化。
お店の隣のパン屋さんが12月で閉店した。
そしてその隣のイタリアンのお店ももうすぐ閉店するとか、私の周りのお店はほとんどシャッターが下がり、寂しい街並みになっていく。
先日お客様が、近くの式場が急に潰れたと言って、衣装を探しにやってきた。
近所の人が亡くなったり、
引っ越しする予定の人がいたりと、
私の周りがどんどん変化していくことを実感している毎日。
とても寂しい2018年の始まりとなった。
しかし、生きている以上は、やはりなんらかの波があり、転機は誰にでも訪れるということ、これもまた紛れもない真実でしょう。
毎日同じの繰り返しのようで、実は本当は人間は、 少しずつ変化していくものです。
誰しもいい方向に変化したいものですが、時には予期せぬ悪い方向にも変化したりします。
生きるとは本当に諸行無常であるが、
ただ一つだけ言えるのは、
物事を考えたり、分析したり、行動するための"軸"みたいなもの、つまり指標は絶対ブレないほうがいい。
そんなことを考えながら、日々模索して生きています。

Category : 未分類
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

2018年がスタートしました!

新年明けましておめでとうございます⛩

お店の玄関⭐︎
2018年がスタートしました❗️
今年もアトリエルーチェをよろしくお願いします🙇‍♀️
年末はなんかバタバタで、暇なはずなのに、家の用事で早く過ぎて行きました。
そして新年明けは、1日に地元の白山神社へ、
2日はおちょぼさん、

3日は土岐のアウトレットへ❗️
新年会に来ていくワンピースを購入。
そして財布を購入👛今日から使っています。
そして今日4日の夜はブライダル関係の集まりに行って来まーす!(新年会)
そして、今日からお店がスタートしました!
今年の抱負は、
その1、毎日を大切に、その日やり残しのないように、精一杯やるべきことをやりきることです!
その2、毎日が断捨離、身の回りを整理整頓して、きれいにしていきたいと思っています!
ブログまた書いていきまーす♪^ ^

Category : 未分類
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

魯迅の道とは何か

再び魯迅の「故郷」
魯迅の名言
「思うに、希望とは、もともとあるものだともいえぬし、ないものだともいえない。それは地上の道のようなものである。もともと地上には、道はない。歩く人が多くなれば、それが道になるのだ」
一言でいえば、これは魯迅の人間観、人生観、国家観の表れともいえる文章です。
昔教科書で「故郷」をきっと勉強したに違いないが、
私はなぜか内容を全く覚えていなかった。
歳をとってから読むと、
若いときには見えなかったものが、
見えるようになるのは、なぜだろうか。
魯迅が語る「道」には、大きな民族が想起されているが、
私の「道」はあくまでも個人の人生に収まっているもの。
自分の道もままならないのに、大きな民族の道なんて、語れるのだろうか・・・
語れるには、自分はあまりにも小さな人間だと、
改めて思ってしまいます。
人って、それぞれ自分の道を歩んでいるわけで、その道というのは、時には立ち止まり、迷い、けれども、それでも先に進まなくてはなりません。
自分の道だけでも歩くのは精一杯のはずです。
しかし、魯迅のいう道は、
世の中を変えたいがために、
「みんなで目指せば希望は叶う」というスケールの大きいものなのです。
「同じ希望に向かって努力する人が多くなれば
その希望は必ず実現される」ということ。
つまり、
元々,この世の中によい社会、ルール、決まり、よい生き方などは存在しない。
よい社会やルール,決まりを創りあげていこうと努力する人が多くなれば,それがよいい社会の創造につながるのだ。
そんな意味の深いものだったのです。
私は、自分の道だけを歩んでいるようにもみえたが、そこには、道を作っている一人でもあるということ、改めて、自分も当事者の一人なんだと実感しました。
そして、一人一人歩き始めなければ、それが道にならないのだと・・・
そして私たちは歩き始めなければならないし、
立ち止まらずに歩き続けなければならないのです!
歩かなければ、それは、閏土の香炉と燭台、
つまり、偶像崇拝と変わらない。
魯迅は閏土の偶像崇拝をこう言っています。
「只是他的愿望切近,我的愿望茫远罢了」
訳「ただ、彼の望みが身に迫ったもので、私の希望がはるか先のぼんやりしたものである違いだけなのではないか」
自分自身が抱いている希望も、実際は自分が作り出した架空の像なのではないのか。とも自問自答しています。
私も自分の人生について、
同じように毎日自問自答しつつ、
自分の夢や願いは、
実際は自分が作り出した架空の像なのではないのか。
日々迷いながら、生きています。
それでも、私は、
自分の道を進まなければならないのです・・・

Category : 未分類
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback