オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

いざオープン!!

周りの知人に、お店をやるって言いふらしていた私。
何でも人に話すものです!そのおかげで、
実はオープンする前にもうすでに、
友人からの紹介でドレスを決めてくれたお客様がいた。
今でも初めてのお客様をよく覚えている。(お二人はお医者様のたまごでした)
そのお客様が、また次のお客様を紹介してくれて(看護士さん今も仲良くしています)
よくまあ、数も少ないドレスの中から選んでくれたなと今は思います。


オープンしてからも、なぜか不安はありませんでした。
普通なら、お客さんが来なかったらどうしようとか・・・
家賃が毎月払えるのかと・・・
きっと考えるでしょう


でも私は違っていた!

もし大量にお客さんが来たらどう対応しようかとか・・・
売り上げが爆発したら、どう使おうかとか(ドレスを増やさなくてはと・・・)
そっちの方ばかりで、(無知って幸せ!)
とにかく、プラス思考な私でした。もちろん怖くはない。


そんななぜか楽しい私だったので、もちろん悲愴感はないはずだから、情熱だけは満ち溢れていた。
接客も自分が自信をもって進めるドレスだけは、ちゃんと妥協はしない。
実際、当時はいわゆる貸衣装業界は、ドレスはかなりダサかった。
ルーチェのドレスは新鮮に感じられたと思う。
私は、フランスとイタリアのドレスを取り扱い、そして、
レンタルと変わらない価格で販売するという専門店でスタートした。
やはり、当時はめずらしいので、ドレスの良さは、数じゃなく、質でわかってもらえたのかなって
思っています。だってドレスに惚れ込んでやったんだから、いいドレスに決まってる!!
そこだけは、自信あって譲れない。

そんな思いでアトリエルーチェをスタート!!
お客様に助けられ、教えられ、
いつの間に、自分の理想とするお店に変わっていく。
私は夢中だった。自分の感覚を信じて、
あの頃はすごい集中力を発揮していた。

こんな私でもお店ができました!

まだつづく・・・




Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/81-40d77b1b
該当の記事は見つかりませんでした。