オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

レポートで学んだこと

今日は三回もブログをかいている。

こんなことは初めて(笑)

だれも興味はないかもしれないが...

苦労しただけに、熱く語りたいんです!



この半年間、私を精神的に縛りつけたものだったからですね。

一見、無駄な時間を過ごしたように見えますが、

今となれば、私はそう思えなかった。



そういえば、
大学を卒業して、
社会人になってからも、
いつもよく見る夢があった...

毎回同じ夢なんですが、
どうしても大学を卒業できない夢です!

大学生の頃に卒業に苦労した記憶は全くありません。

今思えば、正夢だったのかもしれませんね...

神様がそうせいって導いてくれているのかもしれません。

そもそも、人生というものは、
何か使命みたいなものを背負っているものだと私は思うわけで...


きっと何か意味があるのだと今は思えます。
(この先きっと役に立つ)


私は大学で国文学科に所属していながら、
「学術的な文章」で書けなかったなんて...

神様が「やり直し」の人生をくれたのかもしれませんね。



学術的な文章というと、なんだか難しそうに思えますが、

普通の文章や会話の中にも、
通じるものがきっとあります。




世の中には、さまざまな人がいて、
いろいろな考え方や意見があります。

自分の要求、提案を相手に伝えるときは、
自分の言いたいことをシンプルに、的確に伝えることが大切ですよね。


言いたいことがたくさんあるからと言って、
あまりにたくさんの要素を伝えても、相手は覚えきれない上、
何が重要なのか分からず「結局何が言いたかったの?」となります。


つまり、

他人に理解してもらうため、あるいは納得してもらうためには、
自分がどういう理由で、
何を、どう考えたのかを相手にわかる形で示さなければならない。

これが学術的だと思うんです。

だから、自分の考えていることを他人に理解してもらうため にも、

論理的な考えが必要なんですよね。

論理というと、

難しい理論をこねくり回して、
相手を論破するための思考のようなイメージをもたれる場合がありますが、
実際は難しいものを単純にし、
構造化(誰が見てもわかりやすく)して、
相手を納得させ、相手と協調するための思考方法なんですよ。

しかし、

この学術的な文章を用いたからといって、よい文章になるわけではない。
逆に、必然性のないテクニックが使われるほど、
文の趣旨はあいまいになり、

論理が見えにくくなるものなんですけどね。

そこが日本語の難しいところですが......




実際私の書いたレポート全然面白くない文章だからね...



だから普段のブログには絶対使いません!


でも少なくとも私は、

今回は有意義な人生勉強となりましたよ~~~


これにて
一件落着

合掌!





Category : プライベート
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/726-743af346
該当の記事は見つかりませんでした。