オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mariprajp on  | 

最初のデザイン!

ウェディングドレスのデザインは最初からすぐにうまくできません。

好きこそ物の上手なれです

2009_0518newdress0001.jpg
絵の下手な私だったので、
最初はこのように形だけ伝えていました!

AT-3482
1-1.jpg2-2.jpg
これはプリンセスラインのノースリーブタイプです(定番)
素材はサテンとレースだけを選べばよかったです。

AT-3483
1-3.jpg2-3.jpg
これは、上下の離れているセパレートタイプ
プリンセスラインのオフショルダーです

同じようにライン、素材、レースだけ選べば
あとは、生地の量、トレーンの長さでデザインができます。

ほとんど縫製技術が大事です
裏地をしっかりつけること
スカート部分の中を何重にするか

これも美しいラインの決め手です

上半身をきれいにキープできるボーンというものを
しっかりつけることも大切です
フニャフニャしていると、サイズが合っていない感覚になります。

安いドレスはこのボーンが使われていなかったり、
裏地がなかったり
スカートの内側にチュールの裏地がなかったりしています。



このように当時は、シンプルなラインが流行っていたせいもあって、
お客様受けがよかったです!!

まさに

定番こそ


シンプルイズベストです






Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/154-d6a40d73
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。