オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mariprajp on  | 

通訳をつけない理由!

私は今通訳なしで工場との取引をしています。

その理由として、

☆自分の言葉で相手とコミュニケーションをとりたい

☆ツアイさんと心と心で触れ合いたい

☆今までいい通訳に出会えていない

☆経費削減です!


ツアイさんが言うには、日本人など(他の取引先)が
打ち合わせに来るときは、いつも英語のわかる人を連れてくるらしいです!

実はツアイさんは英語がとても苦手。
だから、英語のわかるスタッフを横に打ち合わせているそうです!
しかし、お互い英語も完璧じゃないようなので、
意思の疎通ができていないことが多く、
そのため、ミスが多発してトラブルに繋がるようです。

それには、私もびっくりしています!!

そんなので、いいドレスが作れるのか・・・

どこもいいレベルの通訳がいないのか、

英語で間に合わせればいいのか、


何なんだろうって疑問のままです。

私はいつも一人で工場へ行き、通訳をつけない理由がもう一つありました!


工場探しの旅に同行してくれた中国女性との苦い経験


話しが少し前に戻ります・・・

契約に成功した私たちはルンルン気分で上海へ戻ります!
お言葉に甘えて、やさしいおじさん宅にまた少しお世話になることに・・・
お礼に、私から食事に招待したり、
一緒に餃子を作ったり、マージャンを教えてもらい、楽しんだり。
頭のいい息子さんからもお礼の食事に招待されたりと、(高級料理店で上海蟹)
まるで家族のように過ごしました。
彼女は姉のように私に接し、おじさん家族も、上海へくることがあれば、必ず寄ってくださいとまで、
暖かい接待に感謝の気持ちでいっぱいでした。

私は甘えすぎてしまいました!

中国人女性はシタタカ!!


もちろん約束の報酬以外に、彼女とおじさん家族にちゃんとお礼をするつもりでしたが、
長旅の滞在費と飛行機代などの経費で、恥ずかしながら・・・
財布をみたらほとんど現金が残っておらず、

彼女にそれを正直に話してしまいました。

私の考えとしては、日本へ帰ってから、お礼を送りますと伝えました。

彼女はそれを聞いた瞬間から、顔色を変え、急に私との会話を閉ざしてしまいました。

それまでの、やさしさも急に消え、ふさぎこんでしまいました(日本へ帰る前日の話です)

当時は、彼女の露骨な態度に理解できませんでしたが、



今はよくわかります。

私は、当時つけていたブランドの時計(彼女がいつもいいなって見つめてた)を外して、

手元に残った現金もすべて彼女に手渡しました。

それで、少しは彼女は納得したようです。

日本へ帰ったら、必ずお礼を送りますと約束して、帰りました。
そして、帰国後すぐに、彼女とおじさんに、現金と日本の品物を送りました。

そのお礼もないまま、最後はいやな感じで別れてしまいました。
以後彼女と会っていません。

彼女は、紹介で北京から駆けつけてくれました。
今までの経験上、通訳を雇っても思い通りなレベルに出会えなかったので、
今度は中国人同士なら、うまく話しがまとまると勝手に考えた私は、
頭の切れる、話し上手な人を希望しました。
選ばれたのは彼女でした!
彼女は一所懸命ではありましたが、頭が切れるというより
ただの話し好きなように感じました。

商談に関しては、結構無知で、
結局は私は前回の苦い経験から学び、自分でいろいろまとめました。

だからと言って、彼女はまったく役に立っていないわけではありません。
同行してくれたことに意義があったので、私は心強かったです。

宴会の席でも、中国式の大酒飲みで私をカバーしてくれました。
私は60度近くのお酒なんか、飲めませんから・・・

後からわかったことですが、ツァイさん一家は実はお酒のほとんど飲めない家系で、
彼女が一人で騒いで飲んでいました。
結果彼女はお酒を飲み過ぎて、大分醜態を曝け出し、ちょっと恥ずかしかったです。
まあ、その辺は許せる範囲として、

どうして別れ際に、あんな露骨な態度になってしまうのか
当時は到底理解できるものではありません!

工場探し成功の裏に、とても苦い経験でした!

その後、私は、通訳や同行者をつけずに、
いつも一人で工場へ行っています。

おかげで、中国語も専門用語も結構上達したように思います。


Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/144-5597a447
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。