オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mariprajp on  | 

ついに工場の情報を耳にする!!


上海で全く成果は得られず、

70才以上のお年寄りを連れまわすのにも、気が引けましたので、
おじさん家族と一旦別れ、帰りはまた上海で会う約束をし、

同行者の女性と二人で今度は広州へ行きました。

広州でも、業者の集まるウェディングドレス街があって、
上海よりワンランク上のものが展示してありました。
デザインは相変わらずという感じでした。
工場の情報を聞き出そうとしても、口の堅い中国人は、
やはり何も教えてくれません。

途方にくれた私は、どうしたらいいのか、知恵を絞ります。

私は当時シルクの生地にかなりこだわっていたので、
シルクの生地を辿れば、(白い生地なら、ドレスにしか使わないかも)
なんて思いながら

もしかしたら、情報が得られるかも・・・

と・・・急に変な思いつきをする!

というわけで、シルクの生地を扱う業者を今度は調べ始めました。

ぐるぐると探しまわって、シルクの生地の専門業者をみつけてしまいます!
ここでのシルクの商品見本に洋服はありましたが、ドレスはありません。
期待せずに、とにかく何でも尋ねてみよう!!

男性の方が出迎えてくれました!

話しをしたら、また意外!!

なんと!すぐにドレス工場を知っている!!と答えられる!!

でも冷静に!冷静に!
今まで、知っているという人ほど、結局行くと、期待はずれが多い。

今度は慎重に!慎重に!

聞けば、工場は結構大きくて、担当者も知っているし、
連絡まで取ってくれるという。
時間があれば、一緒に案内してもいいというぐらいまで、親切である。

場所を聞けば、飛行機で乗り継ぎをしなければ、行けない所だという。

少し考えましたが、ここで広州に留まっても、情報がないまま、さ迷うだけなら、
それこそ意味がないような気がしたので、

意を決して、そこへ行こう!!

相手の工場に出迎えてもらうように、話しをつけてもらって、
二人ですぐに飛行場へ飛んでいきました!

この時、1日に2、3回飛行機を乗り継ぐなんて、人生で初めてのことでした!

どんな工場なんだろう?どんな担当者なんだろう?
期待と不安で興奮して飛行機に乗って行きました!

つづく







Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/138-bb991d34
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。