オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

工場に契約を打ち切られる!!

たびたびの続き~

苦労して、工場との契約に取り付けた私でしたが、
出来上がったドレスにクレームをつけたばかりに、
思いもよらぬ所で、トラブルが発生。
(こだわっていた生地が違っていたので、正直に言っただけでした)
しかし、返ってきた答えが、間違っていないとのこと。
前回注文した生地とまったく同じで、比べたら一目瞭然のはず。
それでも工場側が最後まで認めませんでした。
そればかりか、今後注文するなら、一つのデザインにつき50着を発注してくださいと
勝手に契約内容まで変えられました!!
それに反論すると、意図も簡単に取引を打ち切られました!!

実は、この工場との取引がこれで終わったのです!!

その後、納得行かず、電話やメールで一生懸命自分の気持ちを訴えました。
最後には50着発注を承諾する内容にまで至り、
(縫製の技術はかなりよかったので、私は工場との取引を失いたくなかったのです)
それでも返事がありませんでした。

会食した社長にも連絡を取ろうともしましたが、
担当である例の女性に全て一任されていたのがわかったので、
きっと無理だろうと判断。
今思えば、最初から、彼女とは気が合いませんでした。

本当になすすべがありませんでした。

私はかなり反省しました!!
中国との取引は思うように簡単ではありません。
無知だったばかりに、こんな所で失敗!!
郷に入っては郷に従え!!そんな言葉がありました。
日本の常識が中国では通じません。

オリジナルドレスへの道を閉ざされた思いで、
本当にショックでした!!
ドレスも何点か作って、すぐに夢が叶いそうだったのに・・・

その後中国に在住している日本人の仲介業者を探したりもした。
このトラブルを解決するにも、今後の取引に参入させるにしても、
莫大なキャッシュバックが発生することも勉強になりました。

独りよがりな開業、資金もない私だったので、
もちろん仲介業者を雇うことができません!

でも、私はもう引き返せない気持ちになっていました。
悲しんでいる場合じゃない!!
私はオリジナルドレスを作りたい!!
それには工場が必要!!
気持ちがますます燃え上がります!

工場はここだけじゃないはず!!

またまた工場探しの旅に出かける決心をするのです!!







Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/134-00c4ed17
該当の記事は見つかりませんでした。