オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

工場で粘る!

工場の対応に戸惑う私でしたが、
ここであきらめる私ではありません!
なにせ遠い日本から来ています。
無駄な動きとなりたくはないです。

そこで、私なりの考えを提案します。

初めての取引になるかもしれないので、
いきなりの大量注文は難しいことを伝えます。

まずは、サンプルドレスでも作らない限り、
今後の展開を語れないと・・・

図案は手元にないものの、多少の知識と資料がありますので、
それに基づいて、何着か依頼したいと懇願します。

当時の中国は、今よりもっと日本との格差があったので、
相手にとっても、マイナスではないと感じていました。
まして、日本の業者が1件も入っていないことを聞けば、
チャンスではないでしょうか?
と・・・自分の未熟さと小ささを置いといて、
今後は大きなビジネスになることへの期待を重視してほしい
と私なりの考えをぶつけます。

当時のことを振り返ると、身の程を知らずな私です!

この時、実はまだ有限会社ルーチェを設立していません。
個人事業からスタートした私でありますので、
不相応だと言われても仕方がありません。
しかし、行き当たりばったりで、無知ながらも行動して、
ここまで来てしまった自分がいる。

心のどこかに野心があって、今後は大きなビジネスチャンスも
つかみたいと思っていました。

ここで実現できるかもしれないという興奮を押さえ切れません。

つづく~










Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://atelierluce.blog77.fc2.com/tb.php/113-5fef6bc5
該当の記事は見つかりませんでした。