FC2ブログ

オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by mariprajp on  | 

又吉の『火花』感想

今日の多治見は涼しくて、過ごしやすいです!

さて、昨日、又吉の『火花』を読みました。
2、3時間以内で読み終える短編小説です。

芥川賞を受賞したと言う事で、読んでみたいと思いました(^_^;)



ココからは多少ネタバレで書きます。

読み終えて、
そんなに感動的で、内容も良すぎるという
小説ではないが、

文書の言い回しや、構成は、
まぁ、芥川賞を取ったといえば、納得もしています。

どんな小説でもそうですが、
何が言いたいのか、
主題は何なのかという意味で、
彼は行き着いたと思いますし、
私なりに、読み終えて、すぐに捉えたつもりです。

最初はお笑い芸人の相方の物語だと勝手に思ってましたが、先輩の話だったんですね!

最後の終わり方が、これから、その先輩が相方になっていくんだろうなぁって、ニュアンスになっていたと思います。

これも、読み手にご想像にお任せしますという終わり方だと思いますので、私はそう思いました。

そして、私の勝手ながらの見解ですが、
何が言いたかったのか?

つまり、お笑い芸人の真髄ってなんなのか・・・
面白さを追求するって何なのか・・・

それには、どんな生き方をしたらいいのか・・・

結局はそんなところではないのでしょうか?



それは、お笑い芸人の世界だけの話しではなくて、私たちを取り巻く環境や社会、

あるいは自分の仕事も、この物語と共通する部分がいっぱいあるということです!


だから、この先輩のように、
お笑いに対して、超越しすぎても、
社会に認められないし、

努力しすぎても、頂点にたどり着けないし、

また丁度いいというのも、一番難しい。


昔、主人に誘われ、松本人志の「大日本人」という映画を一緒に見たのですが、
これがまた、私にはまったくおもしろくなかったです!

逆に腹が立つぐらいでした!

隣でゲラゲラ笑っている主人にむかついて、
映画を見終わったあと、ケンカになったことがありました。

松本人志の、超越したお笑いの映画だと思いますが、
人によっては、理解できずに不快にさえ思えるということです。

この小説の中でも、その先輩が、お笑いのために、
豊胸手術でFカップにしたんですよね...
主人公に怒られるわけですが、
まさにその通り!不快以外何者でもないです!


売れる芸人と言うのは、
天才とか、面白さも大事だけど、いかに、
世の中の人々に合わせ、難しく考えずに、

いかに単純なお笑いのツボを提供するか・・・

そういう生き方の問題を書いているのだと思います。

じゃどんな方法がいいのか・・・
どんな生き方がいいのか・・・

答えなんてない!ということでしょうね。

それは、自分で見つけてくださいね!
自分で試行錯誤をしてでしか、
つかめませんよ!

ということではないでしょうか・・・


それにしても、又吉は太宰治が好きいうから、その先輩の描写が、

いかにも、
太宰治のだめんずの描き方と似てるなぁと思いました。

この先輩という人物は、本当にだめんずです!
そのお笑いのツボも、
全く私には理解できません!
正直イラっとします!

何が面白いんだー(^_^;)って思いました。

でも、又吉の、お笑いに対しての考え方が伝わってきます。

芸人の世界を垣間見たと当時に、
どの社会も、どんな仕事も、

結局はこんなことだよ!って


そんなことを感じました(^_^)


以上




スポンサーサイト

Category : 小説
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。