オリジナルドレス

ウェディングドレスについて、あらゆる面から発信します。

秋山章氏の花嫁衣装♪

今日も秋山章氏の花嫁衣装をご紹介します!

その名も:慶寿爛奉

丸章着物 001
ブルー地に
ピンクや紫の花を
ふんだんにちりばめたかわいいらしい一品

打ち掛けといえば、
どうしても古典柄が付きものです。
だからこそカツラが似合うわけなんですね!

本来はの秋山氏は古典柄が得意なんですね。
なぜなら、日本の伝統柄だからです。
伝統だからこそ美しい!
という美意識ってあるじゃないですか?

しかし!最近の花嫁はなぜかカツラを嫌がります。
そこで、柄も時代と共に変化しています。
洋花の柄がだんだん好まれるようになります。
それは洋髪に似合うからなんですね...

だから秋山氏の作品も、洋髪を意識をしたのでしょうね。

この作品も、もちろん手描き友禅。

秋山先生らしくはないが、でも斬新で現代的。
ブルーの地なのに、ピンクの花が引き立つデザイン。

なんか素敵ですね

洋髪にもピッタリ合うはず!

かわいらしい花嫁になること間違いなしです!




スポンサーサイト



Category : 和装
Posted by mariprajp on  | 0 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。